メニュー

プロテオグリカンヒストリー

プロテオグリカンと青森の”ちょっと不思議で深い御縁”

かつては1g3千万円もしたプロテオグリカンに、

青森で奇跡が起きた

 

一定構造様式の糖たんぱく質がプロテオグリカンと命名されたのは1970年で、その当時から注目されていましたが、熱に弱く効率的に抽出できなかったため、製造コストはなんと1gあたり3千万円! しかも、有害試薬でしか抽出できなかったこともあり、商業利用が不可能な「夢の成分」でした。

そんなプロテオグリカンが身近になるまでには、「事実は小説より奇なり」のドラマが青森で起きたのです。

郷土グルメ「氷頭なます」に発想を得て、2000年についに大量・高純度生産が可能に

青森では青森県産業技術センターが中心となって農林漁業資源から新たな有効成分を探す研究が行われており、1990年にプロテオグリカンがサケ鼻軟骨に高濃度で存在することが示唆されました。もともと廃物同様に扱われてきたサケの頭が有望資源になれば、新産業の勃興も夢ではありません。

 

そこに、長年にわたり糖鎖研究が盛んだった弘前大学医学部の高垣教授が登場します。

サケ鼻軟骨からプロテオグリカンを加熱せずにどうやって抽出するか思案していた高垣教授は、弘前市内の馴染みの居酒屋で供された氷頭なますでピンと閃きました。1998年のことです。

氷頭なますはスライスしたサケの頭部軟骨を酢に漬けて柔らかくした郷土料理ですが、彼は「酢で柔らかくなるのは軟骨の土台のプロテオグリカンが溶け出したのかも・・・」と、酢酸で非加熱抽出できる可能性に気付いたのです。

 

そして2000年、県内企業との産学プロジェクトを経て、人体に安全な食用酢酸とアルコールだけを使い、従来の1000分の1以下のコストで大量かつ高純度のプロテオグリカンをサケ鼻軟骨から抽出する技術がついに確立されました。低価格で安全安心なプロテオグリカンが誕生した歴史的瞬間です。

今でも鮭とお酢だけで作るから人にも自然にも安心安全

現在、私たちが利用できるプロテオグリカンは、㈱角弘プロテオグリカン研究所で工業的に抽出精製されています。

施設や設備は近代的ですが、粉砕したサケ鼻軟骨を濃度4%の食用酢酸溶液に72時間浸漬させてプロテオグリカンを酢に溶け出させる工程は、氷頭なますの調理手順そのもの。

だから、青森で生産されるサケ鼻軟骨由来のプロテオグリカンは、人にも自然環境にも安心・安全なのです。

プロテオグリカン研究・製造の拠点として飛躍を期す青森

あおもりPGブランド

認証マーク

スタンフォード大学を核にIT企業を輩出したシリコンバレーにどこまで迫れるかわかりませんが、プロテオグリカン研究の拠点である弘前大学を核に「プロテオグリカン・バレー」とでも呼ぶべき産官学共同の研究・生産集積(産業クラスター)が青森県に形成されようとしています。

また、弘前大学発プロテオグリカンや関連製品のブランド化を目的に青森県プロテオグリカンブランド推進協議会が設立され、含有量等の基準をクリアした商品だけに「あおもりPGブランド認証マーク」の使用を許可するなどの活動をしています。

 

これまで弘前大学の永年の研究を基軸に青森とプロテオグリカンの縁は深いものがあり、これからもより深まっていくことでしょう。

志高く青森から全国へ、そして世界へ。プロテオグリカン・バレーの今後にご期待ください。

なお、「青森県プロテオグリカンブランド推進協議会」は、2016年7月一般社団法人あおもりPG推進協議会として法人化。

 

 

上部へ 前ページ